マルイ純正のグロック17スライドを加工してもらったよ!


どうも!見た目の好きなポリマーフレームハンドガンは「Cz110」な「おがっち」です (・×・)ノ
余りにもマイナーすぎて立体化どころか一般的に知られてすらいないマイナーなハンドガンです
どこかからモデルアップしてくれないかなぁ…チラッチラッ

 

という事で、本日は「ポリマーフレーム」のハンドガンのお話しですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

TAGO「アキュコンプのグロックを『兄さん』に組んでもらったぜ? しかもフレームもフォリッジグリーンだぜ!」

(・×・)「コレで室内戦もバッチリだね」
TAGO「どうだい!?シブくて良いだろう!?」
(・×・)「そういや、比較的グロックはカスタムパーツが出てるけど、スライドのカスタム品ってあまり見かけないよね」

TAGO「そうだね…海外製の金属スライドは『国内の銃刀法ではグレーなパーツ』だから、ウチじゃ扱っていないからね~」
(・×・)「そうか、だからウチに無いのね」
TAGO「あとは、ハイキャパ系ならライラクスやタニオ・コバさん所とか、グロック系はGWAさんの樹脂系スライド位かなぁ…」
TAGO「スライドも合法でカスタムしたいなぁ?」

…そんな会話をしている所に、颯爽と登場する「あの方」が!!

MOMOPAPA氏「話は聞かせてもらったぞ!そんな時はこいつだ!!」

二人「こ、これは!!」

IMG_3675_R_R

ドン!!(某海賊漫画風)
といった感じで茶番劇はココまで。


今日は「グロックの純正スライドを加工した、カスタムスライド」
のご紹介です。

小店ブログでもすっかりお馴染み「MOMOPAPA氏」の手によって、また新たな可能性が生まれました。

今まで「カスタムスライド」というと、海外製の「金属製スライド」がその大半を占めていました。

皆さんご存知の通り、「金属製のスライド」は、法律的に非常に「黒に限りなく近いグレー」な存在で、
法律に触れる可能性が限りなく高い物なので、小店「ケイ・ホビー」でも取扱いを絶対しない品物です。

でも、「MOMOPAPA氏」のカスタムスライドは「東京マルイ製の純正スライド」を加工するものなので、問題ありません!!

今回のベース銃は、東京マルイの「グロック17」です。
p_sub1_130322111901
コレがベース銃です。名機ですね!

いきなり完成形の画像ですが、こんな感じで手を入れてみました。

IMG_3674_R_R

下半分を「フリーダムアート製アサルトフレーム」に変更しています。
握り易さと使いやすさを両立した、直線と曲線の見事な融合!

IMG_3675_R_RIMG_3676_R_R

そして、純正の樹脂製スライドを切削加工!
…加工した場所は
・サイド面のフロント部にスライドを引きやすくする為に、「斜めに入ったセレーション」を追加!
ちゃんと、グロックのメーカーロゴは避けています。
・スライド上面の部分を角取りによってホルスターの引っかかりを低減と、見た目のシャープさが増しました。
・スライド上部に軽量化のポート穴加工。
・実銃のカスタムスライドをなるべく再現という事で、サイド面の一部を「肉抜き」と「スライス加工」
・スライド上面の後半にも「スライス加工」を施しています。

10498638_805955396103034_5072862181773828286_o  980172_588069327891643_1570223086_o
画像はクリス・コスタ氏のFacebookページより

今回の経緯ですが、
先日の当ブログの記事でご紹介もしたしましたが、フリーダムアート社さんのフレームがコスタ先生仕様のグロックに近いぞ!とご紹介したのです。
んで、先日もご案内いたしました「M&P」のコスタ先生仕様のスライド加工の話もありましたよね。

「…だったら、グロックのスライドもM&Pと同様に加工して頂ければ、完璧じゃん!」という事で
MOMOPAPA氏にお願いして作成して頂きましたよ。

 

IMG_3675_R_R
↑ね?結構近いでしょ?

情報量が増えたことにより、更に攻撃的なデザインに生まれ変わりました。
「シンプルでストレートなイメージ」を損なう事無くシャープで精悍なカスタムグロックの完成です。
コスタ先生仕様風を目指すなら、あとは、ゴールドのアウターバレルが欲しいですね!塗るか!

ちなみに、この加工スライドですが、「コスタ先生仕様」以外でも
「ご自分で考えた、グロックのスライド加工のデザインを指定して作成する事もある程度は可能」との事ですよ。

…ですので、「番頭」の好みでデザインして加工して頂いたカスタムグロックの例が、コチラです。
IMG_3668_R_R 


目立つ銀色パーツと前回りのコンブパーツは「フリーダムアート社さんのグロック用アキュコンプF」です。

射撃競技に特化した仕様で作成しましたよ。
このまま、照準器が搭載可能。アキュコンプで安定した命中精度をたたき出します。
射撃競技だけでなく、室内戦のサバゲで使ったら、相当に反則級にズルいですw
10メーター先の3センチを抜きますよ!

IMG_3672_R_R

そして、今回の本題である「デザイン指定したスライド加工」ですが、今回は「番頭」の趣味で…。

・スライド上面の角を斜めにカット加工して角取りをしています。
・スライド後部のコッキング用のセレーションを両サイドに純正と同じ間隔で2本追加。
・両サイドのセレーションの溝位置に合わせて、上面にもセレーションを追加。
・G17カスタムがベースになっておりますので、元々スライド上面に円いポート穴が4個開いているのですが、つなげて長方形の大型ポートに拡大切削。
・サイド面や排莢ポート付近に、見た目のアクセントとして、スライス加工でデザインのアクセントを施しています。

と、いかにも「競技銃です!」って感じのカッコイイ銃になりました。

グロックのスライドって純正状態は「のっぺり」しているので、こういう「いかにもカスタムしています!!」って銃には
こういう情報量の多いスライド加工を施してみるのも面白いかと思いますね!

海外製の社外メタルスライドは、日本国内の銃刀法ではグレーなアイテムですので、メタルスライドを搭載した銃は、射撃競技大会や、サバゲ会やサバゲフィールドでは使えませんが、
今回の加工スライドは「あくまで純正スライドの加工」ですから、どの大会に持って行っても大丈夫!

とまぁ、オーダーに応じて、セレーションやポートの空け具合等はある程度融通が利くみたいですよ。
皆さんの純正スライドを加工依頼する事ができる様に、加工料金等、煮詰めている段階です。
詳細が決まり次第、後日ご案内したいと思います。
※東京マルイの純正スライドのみの加工です。メタルスライドはお断りいたします。
続報をお楽しみに!!

 

今日はこんな感じでおしまいです!!

なお、明日9/25は木曜日なので、小店グループは定休日でお休みとなっております。ブログ更新も明日はお休みです。

また金曜日にお会いしましょう!!

あと、金曜日はホビーショウがございますので、会場入りする「番頭」が取材してきます。
ですので、金曜日の記事は、東京マルイ社、新製品の取材記事が掲載されるかも?
お楽しみに。

マタネー(・×・)ノシ

 

   [widgets_on_pages id=2]

10 Responses to マルイ純正のグロック17スライドを加工してもらったよ!

  1. 純正品加工とは素晴らしいものを開発しましたね。是非グロックの他のガスハンドガンも加工して欲しいです!

    質問ですが、電動ハンドガン(G18Cなど)のスライド加工(ブログに掲載されている)は可能でしょうか?

    • お問い合わせありがとうございます!

      グロック以外のハンドガンのスライド加工の受付も出来るよう現在各所と調整中です。
      実際G18Cのスライドも出来てきましたので、G18Cは問題なく出来るとおもいます。
      調整が終わりましたら改めて、当BLOGにてご連絡差し上げますのでそれまで少々お待ちくださいますようお願い致します。

  2. ぐろっくらぶ 2014年12月17日 at 3:02 AM

    グロック好きとしては非常に興味をそそる一品ですね。

    しかし、耐久性の面はいかがな物なんでしょ?
    僕のグロックはまだ大丈夫なんですが、元々スライドが割れ易いと聞くもので。

    どこかのメーカーから強化樹脂製スライド出してくれないかなー(チラ

    • ぐろっくらぶ さま

      コメントありがとうございました!

      この加工の耐久性ですね。そうですね?。
      空撃ちですが、コンプレッサーにエアーホースの組み合わせで、
      2000発程度を、休まずに連続で撃ち続けても、スライド自体は何とも無かったので
      通常の使い方でしたら、まず心配無いかと思います。

      初期ロットのグロックはスライドが割れやすかったのですが、最近の製造ロットは
      内部に改良がされていますので、最近はスライド破損の故障も少ないですね。
      以前は連射で激しかった「G18C初期ロット」が割れ易かったですね。

      多分、初期ロットのイメージから「グロックのスライドは割れやすい」って言われているのかと思います。
      なので、最近の製造品はよほど無茶しない限り、それなりに丈夫です。

      実は、東京マルイ社さんのガスブローバック銃全般は、
      スライドが後退しきった時に、スライドをシャーシにぶつけて
      鋭いブローバック反動を演出していますので、スライドの負担が凄いのです。

      ちなみに「某社の某機種用カスタムスライド」は、
      マルイ社のブローバックの理屈が判っていなかった設計だったので、購入された多くの方が割れていましたね?。

      なので、製造側の立場からすると、ガスブローバック機の樹脂スライドって
      製造上は、難しいのです。
      上手く作っている、タニオ・コバさんのHWスライドの設計って素直に「すげぇ!」
      と感心しています。さすがはモデルガンの神様ですね!

      ですので、ガス用のスライドもオリジナルで作ってみたいケド、
      今の小店技術じゃチョット無理かな?。
      負担の掛からない電ハンスライドなら何とかなるので、現在はそっちがメインですね。

      宜しくお願い致しますね!

  3. かなり昔のブログから失礼します。
    SAI風のカスタムスライド欲しくて探してらかのブログを見つけたのですが純正スライドの加工は今もやっているのでしょうか?
    やっているならば是非ともお願いしたいのですが…

    • お問い合わせ頂きました純正スライド加工ですが、現在でも承る事は可能です。
      基本的には加工済みパーツ単品での販売は行っておりませんので、お客様のお持ちのスライドをお預りしての施工となります。
      お持込みの際の加工費は¥25,000となります。
      その際、キズ等がある等、修正が必要な場合は別途料金が掛かる場合がございます。
      また、施工前にチェックは致しますが、発見しきれないキズ、擦り跡等がある場合もございますので、
      あらかじめご了承下さい。

      ご検討頂ければ幸いです。

  4. 返信ありがとうございます。
    今手元にあるグロックのスライドが割れているので新しく買い直そうとしているのですが本体と加工費だといくらぐらいになりますか?

    • コメントありがとうございます。
      本体ご購入と同時の施工の場合、下記の通りとなります。(東京マルイ社製ガスブローバックG17の場合)
      ・G17「SAIスライドカスタム」¥34,652
      ご検討頂ければ幸いです。
      よろしくお願い致します。

  5. わかりました。ではG17でお願いします。
    家から遠いのでウェブショップでの購入を考えているのですがどちらから購入すればいいのでしょか?

    • コメントありがとうございます。
      ご注文を承るにあたりましては、メールあるいはお電話にて下記お知らせ下さい。
      ・お客様のお名前
      ・ご連絡先(メールアドレスやお電話番号)
      ・お届け先ご住所
      上記ご連絡を頂いた時点でご注文を確定とさせて頂きます。
      ご連絡後、製作に入りますので納期は1~2週間程となります。
      完成致しましたら改めてこちらからご連絡させて頂きます。
      よろしくお願い致します。

コメントを残す