弐〇壱九年式爆水拳銃!


こんばんは、お気に入りのSF映画は「インターステラ―」!「スケキヨ」です。
地球の環境が悪化し、人類が生き残る為に移住できる惑星を探す旅に出るという映画です。
「5次元」「ワームホール」「ブラックホール」「時間のズレ」・・・・男の子のココロをくすぐる単語満載で、考証や映像製作(CG)等には重力研究の権威と言われる方が協力。
予備知識無しで見ても十分面白いのですが、「ブラックホール」や「重力による時間のズレ」辺りをちょっとチェックしておくと、より楽しめるかと思います!オススメです。

余談ですが、この映画と「オデッセイ」を近いタイミングでみたのですが、そのせいで、あっしの中では俳優の「マッド・デイモン」氏は「宇宙でぼっちになりやすい男」というイメージです。

さてさて、本日のご紹介はそんなSF映画の金字塔とも言えるアノ映画の関連(?)アイテム!!

「高木型 弐〇壱九年式爆水拳銃」¥1.200

いまなおファンの多いSF映画「ブレード・ランナー」の中で「ハリソン・フォード」演じる主人公「リック・デッカード」が使用していたハンドガン、通称「デッカード・ブラスター」!!!
の、水鉄砲!!
しかも、この製品には、「ブラスター研究の第一人者」とまで言われる「エルフィンナイツプロジェクト」の高木亮介氏の監修が入るという本気仕様!!

サガラノフ<「良いッスねコレ!ところでボク、ハリソン・フォードっぽくないですか?」
その場に居合わせた一同<「「「????何言ってんだこの男・・・」」」

ボディーのクリアブラックの素材が光の加減によってメタリックな感じに見えてカッコ良いっす!!

給水はこの赤キャップの部分から。
これまた、ニクイ演出といいますか・・・実際の映画の撮影に使われたプロップガンには、ちょうどこの位置に穴があるそうです。(穴がある理由等は不明。)
それに合わせてきてるんですね~

どうです、この完成度!!
モチロン、水鉄砲化する為のディフォルメはされていますが、この価格でこのグレードの製品が手に入るってスゴイですね!!
1枚目の画像にあるオレンジの部品は、恐らく輸出を見据えたモノと思われます。
※国によっては、おもちゃのてっぽうは、実銃との判別のために銃口付近をオレンジ等にしなければならなかったりと規制がある場合があるそうです。

 

さて、お次は・・・・

怒涛のマルシン社製「南部十四年式拳銃」6連発!!

まずはABSバージョンから!
左から、
前期型・ディープブラックABS・ローズウッド木製グリップ仕様 ¥28.965
後期型・ディープブラックABS・ローズウッド木製グリップ仕様 ¥29.937
後期型・ディープブラックABS・プラスチックグリップ仕様  ¥25.007

どうです、この質感!!
ディープブラックの仕上げと木製グリップの組み合わせが、当時の「職人の仕事」感がムンムンで堪りませんね!!

コチラはヘビーウェイト(HW)モデル!

左から、

前期型・ブラックHW・プラスチックグリップ仕様 ¥23.133
後期型・ブラックHW・ローズウッド木製グリップ仕様 ¥28.965
後期型・ブラックHW・プラスチックグリップ仕様 ¥24.105

ヘビーウェイト樹脂を黒染め処理した仕上げです。
手に持った時の重量感が嬉しいシリーズですね!

このままでも十分良い質感ですが、表面を軽く磨いていくと樹脂に混入された金属粉のシルバーが顔をだして、使い込まれた雰囲気が出てきます。
モチロン、徹底的に磨きあげてブルーイング処理をすれば、妖しく青黒い輝きを持たせる事も・・・!

いずれも少数入荷ですので、お早めに!!

んで、南部十四年式拳銃と言えば・・・

KTW社製「三八式歩兵銃」¥104.976
コチラもまだ在庫ございます!!よろしければセットで是非!!

さて、本日はこの辺で!!

映画「オデッセイ」でマッド・デイモン演じる「マーク・ワトニー」が着用している腕時計、ハミルトンのカーキネイビー・ビロウゼロが欲しい!でも買えないよー(涙)「スケキヨ」でした!

でわまた!!

 

 

 

   

コメントを残す