リボルバーってカッコ良いっす!


こんばんは、初めて買ったリボルバーはマルシン社製ガスガン「S&W・M29 .44マグナム」でした「スケキヨ」です。
以前お話したかもしれませんが、てっぽうに興味を持ったキッカケが映画「ダーティーハリー」でしたので、初リボルバーはやはりM29でしたねー
当時、少年だったあっしには、ちょっと高価だったので「いつか.44マグナムを買うんだっ!」と思いながら、東京マルイさんのエアコッキング「M92F」(初エアガン!)で遊び、同シリーズの「オートマグⅢ」や固定スライドガスガンの「センチメーターマスター」で遊んでいました。
・・・・・ちょこちょこ買い物をしてしまって、ちょっと高価な「欲しいモノ」になかなか辿り着かないあたり、今も昔も変わってないなぁ・・・・成長してねぇ・・・・

さてさて、本日は皆さん大好き「リボルバー」特集!!エアガン編!!

まずは、コチラ!!

東京マルイ社製 エアコッキングリボルバー「コルト・パイソン」ブラック・シルバー4インチ
他にそれぞれ6インチもございますよー! 価格は全て¥4.302!!

ブラックもシルバーも、フレームカラーはメタリックな塗装が施されており、雰囲気バツグン!

思わず口元が緩んでしまうカート式!!
リボルバーの醍醐味とも言えるカート式ですから、BB弾を詰めずに空作動でも十分楽しい!!

お次は・・・

クラウン社製エアコッキング「コルトパイソンハンター8インチ・ダットサイト付き」¥5.821
いやぁー迫力の8インチバレル!!
表面仕上げでは正直なトコロ、東京マルイさんには、やや及ばないものの安っぽい感じは無く、十分観賞に堪えると言えます!
しかも、この価格でダットサイト付き!!(ダットサイト無しのモデルは¥3.790)

同じくクラウン社製「S&W M686 6インチ」¥3.790

実銃はコルトパイソンの対抗馬としてS&W社がリリースしたモデル。
M19コンバットマグナムより一回り大きく頑丈なフレームと、射撃時のバランスと反動の抑制の為に設けられた「フルラグ」(バレル下部)
日本でも80年代頃の刑事ドラマや映画でチラホラ登場してますね!
実はあっしも好きなリボルバーです。

東京マルイ社製 ガスリボルバー「S&W・M66」&「コルトパイソン」
※「M66」は実銃では「M19(スチール製)」のステンレスバージョンで、外観上は「M19のシルバーモデル」という認識でOKですね。
リボルバーで24連発というハイキャパシティーを達成したロングセラー!

残念ながら、カート式ではありませんが、その代わり「装弾数が少ない」というリボルバーの宿命をひとつクリアしてマス!
バリエーションは「S&W M19」と「S&W M66」それぞれ銃身長が2.5/4/6インチ。
「コルト・パイソン」ブラックとシルバーでそれぞれ銃身長が2.5/4/6インチ。
価格は、銃身長に関わらず、それぞれブラックモデルが¥13.413、シルバーモデルが¥14.385となっております。

お次ですが・・・コチラ!

タナカ社製「S&W M327 M&P R8 5インチ」¥25.077

8連発リボルバーと言うチョット珍しいリボルバーです。
タナカ社の「ペガサス・システム」という独自のメカを採用しています。
このシステムはやはり、カート式ではないのですが、面白いのがシリンダー内部に固定された(回転しない)ガスタンク及びマガジン、発射機構が詰まっている点ですね。
作動時に回転しているのは、内部メカを覆っている外殻のみになります。

リボルバーならではのカートアクションは出来なくなりましたが、この主要なメカをシリンダー内に収める「ペガサス・システム」の恩恵は大きく、通常であればグリップ内にガスタンクを収納するのが一般的ですが、ガスタンクもシリンダーの中にありますので、グリップ及びフレーム内は実銃とほぼ同じ機構を再現できたのです!!

となると・・・今までは専用品しか使えなかったグリップパネルも、実銃用がそのまま装着可能!!
また、マニアックなトコロですが、例えば「S&W」と「コルト」のメカのアクションの違いが再現されているのです!
あっしも残念ながら、実銃には触った事はありませんが、専門誌等で紹介されている感触の違いが「ああ、この事か。」と思える位には差があるんです!スゴイ!

続きましては、マルシン社製「コルト・アナコンダ ABSシルバー マキシ8・Xカートリッジ」¥19.245

リアルな雰囲気のXカートリッジの採用で、↑の画像とか、もうまるでホンモノ!!
8mmBB弾というマルシン社独自の規格で、マニアックかつ根強いファンを持つシリーズですね。
性能につきましては・・・・まあそんな野暮な話は置いておきましょう(笑)!
8mmBB弾はその質量から、金属ターゲット等のヒットした時の迫力は抜群!!
コレクションにはもちろん、肩の力を抜いて、気軽に遊ぶにはオススメのシリーズですね!!

おまけ。

カート式エアガンで遊ぶ時に、プロっぽく見える小ネタをご紹介。

カートをこのように2発つまんで持ちます。

んで、シュっと装填。

2発づつなら、無理なくスムーズに装填できて、3回の動作で6発装填できるので、特に実際に撃って遊ぶ時にはオススメです。

実は昔の専門誌であるライターさんが紹介していた方法なんですが、当時の「スケキヨ」くんは、「おおお!なんかすげえ!プロっぽいなー!真似しよ!!」と。
それから、あっしはこの方法で装填してマス。

まあ・・・ほんと、小ネタですが・・・・

さて、本日はこの辺で!!

今回のブログ用に写真撮影をしていたら、無性に「コルト・アナコンダ」が欲しくなってきた「スケキヨ」でした!

でわまた!!

 

 

   

コメントを残す