ハイキャパEのグリップもカスタマーイズ!


こんばんは、一週間ぶりのお休みに向けて浮かれ気味の「スケキヨ」です。
明けて31日(木)は当店定休日ですので、ちょっとお出かけしようかなーと。
前回、やや消化不良気味な結果に終わった「自転車で行く名栗の旅」のリベンジを目論んでいます!
晴れた空の下、名栗の景色を楽しみながら、どこか河原に降りられたら気持ちいいだろうなぁ・・・

「ス」(*^_^*)<「帰ったら、自慢のロードバイクを磨いて明日に備えなくちゃ!!~♪」
「番」(ー_ー)<「・・・・雨・・・・」
「ス」(*^_^*)<「ん?番頭さん、なんです?」
「番」(ー_ー)<「明日は雨だって、予報が出てるよ・・・」
「ス」((+_+))<「!!!なんだってぇぇぇぇぇ!!」
「番」((+_+))<「ボクだって明日晴れたらお庭いじりする予定だったんだよぉ・・・」

嗚呼。

さてさて、気を取り直して本日のご紹介!
昨日に続き、東京マルイ社製電動ハンドガン「ハイキャパE」のカスタムをご紹介!

基本的に高性能なコイツですが、実際に手に取って頂くと高確率で「グリップ太!」「角材を握っているような・・・」と評される事が多いのです。

↑の矢印の部分が結構角ばってるんですよね・・・

グリップの握り心地は数値化できるような部分ではありませんし、「気に入れば良し!」「気にならなければ良し!」な部分ですが、今回の銃のオーナー様は「もう少し細くして、丸くなった方が良いなぁー」と。

んで、基本的には削って整形して・・・・なんですが「ハイキャパE」の場合1つネックが・・・

構造上、ただ削ってしまうと、メインフレームパネルの境目がキレイに仕上がらなかったり、パネルが反ってしまったりと、上手く仕上がらないのです・・・
ので、↑のグリップを一度剥がしてフレームと接着してしまいます。
で、接着後、加工していきます。

まずは四角で囲った部分をひたすら削っていきます。
合わせて、前面も削って断面が楕円になるように整えていきます。
更に、矢印のトコロも握った時に中指が収まるように削ります。
こうすると、より高い位置で握れるようになるので、グリップチューンでは定番の加工ですね!


で、この部分はツルツルに仕上げます。
ココは滑るようにしておかないと、マガジンチェンジの時などに上手く銃をコントロールできなくなってしまいます。

↑の矢印のトコロの穴はメカBOXを固定するピンを通す穴です。
本来はグリップパネルで隠れるのですが、接着してしまうと塞がってしまうので位置を合わせて明けてあります。

形が決まったら、全体をステッピングを施します。

こんな感じー!

並べてみましたー!
んんーチョット分かり難いですかね・・・・
握って頂ければよく分かって頂けるのですが・・・・うん、今度サンプルを作っておきますね・・・

参考までに、加工内容等によって多少変化しますが、今回の作業で工賃が¥7.000程度になります。

また、グリップパネルを接着してしまう都合上、メカBOXの出し入れがやり難くなりますので、「自分でやってみる」派の方は、ご注意を!

さて、本日はもう1つご案内!

イーグル模型「LR-300フォールディング・ストック」¥4.840

久しぶりに入荷しました!!
しばらく欠品していましたので、待っていた方も多いのではないでしょうか?

で!これが入荷したからには・・・・

作りましたよー!!

東京マルイ社製「M4パトリオット・ハイサイクル・パワーチューン LRー300ストックVer」¥43.775!
内部はアングス社のスプリングやLAYLAX社のピストンヘッド、SHS社の強化ギア等でスペックUP!!
ストックを付ける事でシッカリと安定射撃が可能に!!

とりあえず、店頭在庫は1丁のみ!お早目に!!

では本日はこの辺で!!

明けて31日木曜日は当店定休日となります!
また金曜日にお会いしましょう!!

天気のせいで明日の予定が決まってません・・・ただ一つ!「何となく1日が過ぎちゃった・・・」だけは絶対回避したい!!「スケキヨ」でした!!

でわまた!!

 

 

   

コメントを残す