タネガシマをエイジング!!


こんばんは、このところ冷え込んでますねー、朝方は雪解け水が凍ってたりしますが、なんでしょうね、あの氷を見ると割りたくなる衝動・・・
朝っぱらから水たまりの氷を割って喜ぶ40男「スケキヨ」です。

さて、ご存じのように、当店ではエアガン、モデルガン等のおもちゃのてっぽうを取り扱っていますが、お買い上げ頂く際には、「箱は要らないから処分お願いねー」なんてお客様も。
モチロン、その辺は全く問題ないので、ご遠慮なくお申し付け下さいね!
んで、それらの箱は段ボールと発砲スチロールに分けて、定期的に業者さんに持って行ってもらうのですが、それまでは所定の位置にまとめておきます。
んで、先日の雪ですねー
発砲スチロールの箱に溜まっていたんですねー


MP5K型氷。

スパス12型氷。

ええまあ、だから何ってモンでもないんですが、なんか面白かったので・・・

さてさて、本日のお題は「タネガシマをエイジング」!!です。

以前「タネガシマをレストア!」というネタをやりました、その時は新品の様な輝きを持たせたのですが、今回はその逆!
アンティークな感じの仕立てにしよう!というモノ!!

ううーんピカピカ!
真鍮はサビが出やすいのですが、丁寧にメンテナンスされているようで、オーナー様の愛情が伝わりますねー

自然に表面の経年変化を味わうのも良いのですが、うっすら変色が進んで・・・だけなら良いのですが、

https://i0.wp.com/k-hobby.com/blog/wp-content/uploads/IMG_4403_R.jpg?resize=768%2C576

明らかに「サビ」状の変化が出てしまうと、結局分解してメンテしてーになってしまうので、
アンティークな状態を比較的長期間安定して楽しんで頂くために、意図的に変色させていきます。
いわゆる「ガンブルー」「ブルーイング」と同種の処理で、あらかじめ表面に安定した種類のサビを使って処理する事で、進行の速いサビ(赤茶のヤツ)を寄せ付けないというモノです。

では・・・

ばらばらにっ!

んで、

↑コレが処理前。

下処理として一度1000番程度の紙ヤスリで磨きます。
この時、ほんの気持ちだけ、カドを丸めます。
仕上がりの趣味にもよりますが、今回は「使い込んだ」というより、「長く愛用して、触ったり布で拭き上げたりしているうちに少しカドが・・・・」って感じにしたかったので、「カドを丸めよう!」という感覚より、「カドの事は気にしないー、結果少し丸くなっっちゃった?気のせいかな?」位にしています。

毎度おなじみ「ワコーズ・メタルコンパウンド」!!
コイツでペッカペッカにします!

これで、表面に浮き始めた赤茶のサビも除去、下地が完成です。
さて、ここからが本番ですが・・・・

本日はこの辺で!!続きは明日・・・できるかな?

お店の裏の日陰でガバメント型の氷を作ってみようと仕込んでニヤニヤしてます「スケキヨ」でした!!

でわまた!!

 

   

コメントを残す