ホビーショウに行って来たよ!(・∀・) 新製品発表!ガンコーナー東京マルイ編。


こんばんは!「番頭」です。


今日は「ホビーショウ」という模型業界の「発表&商談会」にお邪魔してきましたよ!
場所は「東京ビックサイト」。コミケが開催される事などで有名なイベント会場ですね。
本日は「業界関係者の日」でして、一般公開日は、明日の土曜日(30日)と日曜日(1日)開催です。
興味がある方は、皆さんも行ってみると色々と面白い物が見れるかと思いますよ~。

んで、ご存じの方も多いかもしれませんが、本日は「ツイッター@_khobby_」にて、
私「番頭」目線で「てっぽー関係の速報」「気になったアイテムのご紹介」「ミニ四駆情報」などを軽く何点かご案内してきました。

正直ホビーショウのメイン行事は、関係業者さんとの商談や新製品のチェック&メーカーさんへの発注等が主な業務ですので
開催時間が限られており、やる事や用事がとても多く、ツイッター上での「お知らせ」は、詳しく出来ませんでした。
ホント、バタバタしていたので、詳しい内容まではご紹介できなくて、心残りです。
ですので、ケイ・ホビーに帰還いたしましたので、今、お店のパソコンで詳しい内容を書いてみようかと思います。

私の担当コーナーは「てっぽー関係」ですので、エアガン関連の記事ですね。

他のコーナーの情報は、各スタッフがやってくれると思いますので、ソチラもよろしくお願い致します!

 

今日はみんな気になる「東京マルイ」さんをご紹介。
元々、先日よりメーカーさんのホームページで、発売予定の新製品を「チラ見せ」していたんですよね!

こんな感じで、一部だけ見せていたんですよね。
我々スタッフ一同も「あーでもない、こーでもない」と予想していたので、今日は答え合わせも兼ねていますね。

まずは、今回の大本命と行きましょう!

東京マルイ 次世代電動ガン 「AK47 Type-3」メーカー希望小売価格¥49,800(税別) 2017年冬という事で、年内発売予定との事。

AK47の電動次世代!やった!待ってました!
今までのAK系統の次世代と言えば「74シリーズ」でしたが「AK47」もラインナップに加わる事になりました。
「74シリーズ」ではなかった、カートリッジが空になると動作が止まる「ボルトストップ」機構を搭載!
実銃みたいに、弾切れで停止した場合、前進位置でボルトが止まります。
そして、新たなマガジンを刺して、コッキングレバーを一回引いて放すと動作が再開する、リアル志向。良いね!

機関部は、次世代74シリーズの設計機構をベースに今回の47用に設計改良した機関部を搭載。
従来機である、スタンダード系のAK47の外装パーツはあまり使っておらず、多くのパーツが新規開発されたモノとの事。
次世代電動ガンではお約束のメタルフレームのボディもこの「AK47」はちゃんと採用しています。

ちなみに、付属で「マガジン変換アダプタ」が同梱されており、アダプターを使えば、ボルトストップ機構は動きませんが、従来電動ガンのAK47系マガジンも使えるとの事。
バッテリーは74と同様に前側のハンドガード内に搭載。
これはホントは内緒ですが、AK47の純正マガジンは、次世代M4系の純正マガジン同様に、マガジンの中身に切り替えレバーが内蔵されており、リアルカウント戦(30発)にも対応との事。

これは、期待大ですね!
ご予約価格はまだ未定ですが、気の早いお馴染みさんからご予約も頂きました。
ご予約希望の方は、店頭・メール・お電話にてお声掛けくださいませ。
よろしくお願い致します!

お次はコチラ。

 
東京マルイ ガスブローバックピストル 「 USP 9mm」メーカー希望小売価格¥16,800(税別) 12月下旬頃発売予定。
※画像のUSPに組み合わせている「マイクロサイト」は別売りです。

以前より発売予定のアナウンスのありました、USPのフルサイズ!ようやく発売までカウントダウンが始まりました!
マガジンのBB弾の装弾数は25発。USPコンパクトのマガジンと互換性が無いので注意ね!
※本物でも互換性が無いそうです。へぇ。
画像の指先で指示している「エキストラクター」が東京マルイの製品としては初の別体金属パーツ採用!リアルさもアップしています。今回、空撃ち動作をさせて頂いたのですが、非常に反動が強いのが好印象的でしたね!
HK45と同じく「15mmシリンダー」を使っているとの事ですが、少しセッティングが変化しているそうでして、
東京マルイ製品のガスブローバックピストルの中でも、かなり強めの反動が手に伝わって来ますね。
手に来る衝撃は、常温状態での空撃ちなのに「かなり温めた夏場のハイキャパ」よりも強い位、マルイ社のデザートイーグル位の反動を体感しましたね。
そして、デザートイーグルのような「ガバチャッ!」という「ロングストローク独特のゆっくり」な感じではなく
「ゴンっ!ゴンっ!」って感じの素早いブローバック。
実際に入荷発売いたしましたら、店頭でも無料試射サンプルを是非出して、皆さんに体感して欲しいですね!
かなり撃ってて楽しい1丁に仕上がっていましたよ。
ちなみに、空撃ち動作で動かし続けていると、スライドストップのノッチが削れてしまう事も多いのですが、
このUSPはその辺も対策設計がしてあるので、空撃ち動作でもOKとの事です。

あ、それと「電動ハンドガンのUSP」でも付属していましたが、20mmレイル対応のフラッシュライトなどが装着できるよう、レイル変換アダプターが付属しているそうです。
この辺の親切さは、さすがのマルイさんですねぇ。

さて、続きまして、会場発表の新作ガスブローバックも出ていました!

東京マルイ ガスブローバックピストル 「M&P9L PCポーテッド」メーカー希望小売価格¥18,800(税別) 12月頃発売予定?従来製品の「M&P9」より長めの5インチスライドモデル。メーカー純正のカスタム部門である「パフォーマンスセンター」のカスタムモデルを製品化。マガジンや交換グリップなど、細かい所も、ちゃんと「PC仕様(パフォーマンスセンター仕様)」になっているとの事。
マニアックだけど、カッコいいモデル。
「M&PのPCカスタムモデルの中で、一番最上位のモデルを製品化しました!」とは、マルイさんの中の人のお話。

発売時期は「USP」が先になるかこの「M&P」が先になるか、同時進行で進んでいるので微妙との事ですが「両方共に年内に発売したい」とのお話でしたよ。


「ポーテッド」の名前がある通り、スライドとアウターバレルにポート加工の肉抜きカスタムが施されており、精悍な見た目になっていますね。
画像にもありますが、近日予定の「マイクロサイト」も搭載可能。
いやぁ、楽しみです。

そうそう、お話もでましたので、こちらも紹介しておきましょう!


東京マルイ 「マイクロプロサイト」メーカー希望小売価格¥6,800(税別) 年内発売予定?

グロック等のガスブローバック銃にも組み合わせ出来ますが、もちろん幅20mmのレイルに対応したマウントも付属です。

以前よりアナウンスのあったマイクロサイトも年内には発売予定との事。
先程、ご案内いたしました「USP」「M&P」にも搭載されて展示してありましたね!
樹脂製のボディで、軽くてコンパクトなサイト。実際に覗いてみましたが、光るの赤点も見やすい物でしたね。
この価格でこの出来でしたら、十分納得できる見やすさをもっていましたね。
これは、定番アイテムとして人気が出そうです。

それと、このサイトの最大の特徴は「レンズ部分が、BB弾が当たっても割れないポリカ製!」
いわゆる、サバゲ用のゴーグルレンズで使われている素材ですね!
被弾で割れるのは怖いけど、スコープシールドは見た目がナァ。なんて方にもよいですね。

そして、別売りオプションのハイマウントも発売予定。
元々「照準視点」が高め位置にある、MP7とか、M4A1とかにお使いでしたら、コチラを組み合わせればバッチリ狙えそうです。

さて、続きましては、10才タイプ!


東京マルイ 「電動ブローバック・フルオート ハイキャパ4.3」メーカー希望小売価格¥3,980(税別) 年内発売予定?

少年達に希望を与えるマルイさん!10才タイプの新作が発表!
正直、大人のお客さんは見向きもしないモデルかもしれません。
ですが私「番頭」は「10才タイプの商品に新製品が出続ける事、販売している事」が「将来のエアガン業界」には重要なんだと思っています。
商品は売れる売れない、採算性も重要です。商売ですからね。
ですが、マルイさんは、目先の利益追求の銭儲けだけのメーカーではない事の証明ですよ。

今、東京マルイさんは「将来のお客さん」の事を考えている事。
今日現在「10才のお客さん」も「10年たてば20才」。
10年後にはサバゲに参加したり、他の高額エアガンを買ってくれるお客さんになってくれるはずです。

今は買ってくれる「マニアなおっさん」も10年20年経つと「爺さん」ばかりになり「若いお客さん」が居なくなります。
そして「爺さん」から、さらに時間が経てば、買ってくれる「爺さん」はみんな「お墓の中」です。
お客さんは誰も居なくなってしまいます。その業界は、将来がありません。
買ってくれるお客さんが居ない事には、長く商売を続ける事が出来ません。

正直、趣味関係って「子供の頃に多少なりとも、興味を魅かれる体験」が無いと、
「大人になった時にガン関係にまったく興味が持てない」という事になりがちです。
今、「車」や「バイク」に若い人が興味を持てない、必要ないって人も多いですよね?
それは、子供の頃に車やバイク関係で「楽しい体験」をしていない方が多いんじゃないかな?って私は思っています。

例えば、子供の頃に「スーパーカーブーム」を体験している人は、大人になっても車が大好きだったり、
「ブルートレインブーム」で、鉄道に興味をもった人で、今では鉄道マニアな大人になっていたり。
「ガンダム」関係だって子供の頃に観て居なければ、今ここまでの規模で発展していないでしょう。
皆さんも「子供の頃の原体験」って、大人になった今の趣味のキッカケにもなっている可能性が大きいはずです。
そういう意味で、10才タイプのラインナップを大事にしている「東京マルイ」さん「クラウンモデル」さんには
私「番頭」はいつも感謝しております。


ちなみに、このハイキャパ君。単発/連射もトリガーガード内部の切り替えスイッチで変更可能。
グリップセフティも、ちゃんとライブ動作。しっかり握らないと発射できません!
是非、発売いたしましたら店頭で触って頂きたいですね!

さて、お次は既にご予約の多い「あの」電動ガンです。


東京マルイ 「電動ショットガン トールハンマー〈アルバート.W.モデル 02〉」メーカー希望小売価格 9万円代??(税別) 来年1月予定?

以前より、発売予定のアナウンスがされており、ご予約も期待も大きい、バイオハザードの限定モデル!
ウチでは好評発売中の「SGR-12」を元にしたバイオ限定の外観を纏ったモデル。デザインも細かく違い、全長も少し長いです。
ようやく発売日が見えてきました。

今回のモデル。専用のハードケースが付属しており、9万円代とかなり高価なモデルとなっておりますが、その分豪華なモデルとなっているようです。

そして、今回のホビーショウの追加情報といたしましては「HOP回転がストレート回転」となって発売との事。
小店ではペースとなった「SGR-12」に「HOPストレート化カスタム+バレルスペーサ―で少しパワーアップ」を施した「天災カスタム」というカスタムを行っているのですが
このストレートHOPをマルイ純正で行うって事ですね。
そうですか、メーカー純正でついにやりますか。まぁ、我々のパーツは先見の明があったという事ですね。

1月予定という事で、もう少し時間は掛かりますが、ご予約されている方は楽しみに待っていてくださいね!

そして、コチラのパーツも発売予告がありました。(見落としてた!)


東京マルイ 電動ショットガン「AA-12」「SGR-12」「トールハンマー」対応、600連射マガジン

発売時期、価格未定。

ゼンマイ式の多弾マガジンが登場予定。「AA」ともも「SGR」とも違った見た目のデザインですね。
ケイ・ホビーオリジナルで、多弾マガジンを発売しているのですが、ついに被ってしまいましたねぇ。
発売時期は未定との事ですが、そう遠くない将来に発売予定との事。

という訳で、以上本日発表された東京マルイさんの新製品情報でした!
皆さんのお気に入りになりそうなアイテムはございましたでしょうか?

ご予約も承っておりますので、お声掛けくださいませ。
今日ご紹介した商品の何点かは既にお馴染みさんからご予約も頂きましたよ。
ありがとうございます!
ご予約の場合は、通常よりもお得なご予約価格も設定いたしますので、
ご予約希望の方は、店頭・メール・お電話にてお声掛けくださいませ。
どうか、よろしくお願い致しますね!

それでは、本日はココまで。
明日もよろしくお願い致しま~す!

「番頭」でした!

おまけ


私事で、エアガン系とは関係ないのですが…。
先日、ねんがんの「ガルパン」パチスロ機をてにいれたぞ!
これで、自宅でレッツ戦車道!(音量が超ウルサイ!)

END

   

コメントを残す