ケイホビーカスタム 東京マルイ M1911A1改”スネークマッチ”風

WSSP064

ケイホビーカスタム 東京マルイ M1911A1改”スネークマッチ”風

定価(税込)
¥55,000
販売価格(税込)
¥55,000
在庫状態 : 在庫有り
オプションを指定してください。
18歳以上ですか?
数量

この銃の元ネタは、人気ゲーム「メタルギア・ソリッド3」で登場するカスタム銃です。
このゲームは人気が高いので、若い方でしたら知っている方も多いでしょう。

加工ベースとなっているのは「東京マルイM1911A1ミリタリー」
純正の樹脂スライドを加工しますので、動作も安心ですし、メタルスライドではアウト!な銃刀法もとうぜんOK!
サバイバルゲーム場に持って行っても大丈夫ですし、お巡りさんの前でも堂々としていられます。

IMG_5956IMG_5957
両サイド面を削り、サイドの印象的な滑り止めの溝を削っています。
サイド面を削った後に、表面研磨&ヘアライン仕上げで、ガンブルーっぽさを出しています。
この表面仕上げがカッコいいぞ!
さらにスライド表面の刻印数字も劇中設定にあわせて彫り直してもらいました。

IMG_5963IMG_5948
スライドの上面も劇中設定に合わせて削り、トップが平面仕上げに削って作り替わっています。
さらに特徴的な「リアサイト」もABS樹脂を削りだして専用の形状を再現しています。

IMG_5964
地味ですが、フロントサイトもリアと同様に樹脂を削りだして肉厚の物が貼ってあります。

IMG_5945←手前側がえぐられています。
そして、削り加工された、グリップパネル!
ベースは、ガン用のガンスプレー缶などで有名なカスタムパーツメーカー「キャロム・ショット」製
・紫檀フルチェッカー 木製グリップ 販売価格¥5,103
をベースに加工して頂きました。木製のしっとりした手触り、かつ適度な滑り止めのチェッカリングが手に張り付く感じで良いですよ!

さて、後は「番頭」のパートです。ここら辺は地味に純正パーツを組み替えて「それっぽく」仕上げてみました。
設定上ですと、セフティやスライドストップ・ネジ等がシルバーの様ですが、
高価な社外品を使うと価格が跳ね上がってしまうので、黒色ですが妥協してマルイ社の兄弟機から流用で価格を抑えて組み替えています。
黒の方が、よりサイレント仕様っぽくてカッコイイと思うのは、手前味噌?

IMG_5959←奥がM1911A1純正。手前がカスタム品。
そんな訳で組み替えですが、設定上、セフティ(安全装置)が片持ちのワイドタイプとなっているので、1911では形状が違います。なので、一番近い形状の「ハイキャパ4.3」から流用して取り付けてました。

IMG_5954
下半分のフレームは、兄弟機の「MEUピストル」からの組み換え品。
純正状態ですと、グリップパネルに隠れているので判り難いのですが、前の部分がチェッカリングが入っているので、カスタム仕様にするにはコチラの方が都合がよいのです。

IMG_5958
銀色で3個穴の開いたトリガー(引き金)もMEUからの純正流用の組み換え品。

IMG_5961
バックストラップ(グリップ背面のパーツ)が薄いタイプの様でしたので、MEUピストルの薄いタイプに交換です。

IMG_5962
ハンマーパーツも「穴あきタイプ」なので、フレーム同様にMEUピストルから流用してみた所、グリップセフティに当たって動かなくなってしまうので、そこで似たような形状で微妙にサイズの違う、ハイキャパ4.3からハンマーを組み替えました。これなら動作OKです。

IMG_5950
そして、ゲームの設定上、サイレンサーが取り付け可能にネジ山が出ているので、
同様のパーツが、ライラクス製より発売されていますので、組み替えて再現してみました。
市販品のサイレンサーが取り付け可能になっています。

IMG_5971
と、いう訳で完成した「スネークマッチ」です。どうです?カッコイイでしょ?
一見、見た目はまとまっていますが、かなり手間のかかったカスタム銃です。