ケイ・ホビー オリジナルパーツ A&K LMG系BOXマガジンに小加工で使える、2回路スイッチ

20170911

ケイ・ホビー オリジナルパーツ A&K LMG系BOXマガジンに小加工で使える、2回路スイッチ

定価(税込)
¥164
販売価格(税込)
¥164
在庫状態 : 在庫有り
数量

  ケイ・ホビー オリジナルパーツ A&K LMG系BOXマガジンに小加工で使える、2回路スイッチ¥164(税込)

 


A&K社のマシンガンシリーズ 「M249」や「PKM」・「M60」シリーズのBOXマガジンの動作切り替えスイッチに小加工で使えるアイテムです。
A&Kは中華のメーカーですので、ココの造りの耐久性が低く、長期使用で、スイッチがバラバラに砕ける事が多々あります。

時々お客様のBOXマガジンの修理で使う事がありましたので、
「困っている方も多いかも?」と思い、似たような国産メーカーのスイッチを入手して店頭販売する事にしました

実際に組み付け修理をしている所をご紹介してみましょう。
指でさしているBOXマガジン内部の切り替えスイッチ部品が崩壊していて、壊れてしまっています。
「カシメの金属パーツ」が壊れており、内部に、極少の通電パーツ等が入っているのですが、それが紛失してしまっています。
スイッチを交換して、修理する方法が確実です。
んで、A&Kのマシンガンシリーズは、ココが壊れてしまうケースって時々発生しています。

全く同じスライドスイッチは、知り合いの電材屋さんで探してもらいましたが、見つかりません。
元々中華パーツで耐久性が無い訳ですし、同じスイッチを付けて壊れてしまってもしょうがないので、
国産メーカーのスイッチで似たようなサイズを、見つけて頂き、ソレを使う事にしました。

スイッチポジションは、3ポジションで、ON-OFF-ONの2回路が設定できます。
A&Kのスイッチと同じ操作方法で使えます。
「小加工で使えるスイッチ」という事で、サイズが微妙に違うので、そのままでは組み付けが出来ません。

チョットした加工が必要なんです。
加工方法をご紹介いたします。。

以下は、M249ミニミの場合です。M60やPKMはチョット加工箇所が違います。


スイッチの取り付けビスの穴の大きさがA&Kの物と比べるとチョット小さいので、穴を拡大する。
ドリルで揉むか、ヤスリで拡大か。


配線をハンダ付けをしたあと、BOXマガジンにねじ留めすれば、スイッチは収納できます。
そして、BOXケース側の小加工です。


スイッチの切り替えブレードが少し厚く、ケース側の穴が小さいので、プラモ用の棒ヤスリ等で拡大します。
スイッチが動く範囲が、収まっていれば良いので、神経質になる事はありません。
気軽に行きましょう。


スイッチの棒の長さが、中華に比べると、今回のスイッチは、引っ込んでいるので、
指が入る様に上下をチョット大き目に削るのがポイントです。


あとは、元通りに組み立ててれば、完成です!
A&KのBOXマガジン系のスイッチは、共有部品ですので、M60とか、PKMのBOXマガジンも同じ物を使っています。
ですので、兄弟機でも、スイッチトラブルが発生した場合でも、これで修理可能ですね。

ココが「壊れてしまったから」と、BOXマガジンを丸ごと買い換えると、1万円近くする物が、
わずか数百円のパーツを変えるだけで直れば、ラッキーですよね。

ご自身でのスイッチの取り付けに自信が無い方は、工賃は頂きますが、修理も承りますので、ご相談くださいませ

関連商品