出るぞ! 1/48スケール トムキャット!!


 

ども、キャプテンです。

 

第55回静岡ホビーショーでタミヤさんはこんなものを展示していました。

 

IMG_2500_R

・TAMIYA  1/48 グラマン F-14A トムキャット 参考出展

 

アメリカ海軍の戦闘機F-14A トムキャットです。

 

5d466876_R

トムキャットといえば1986年に公開されたトム・クルーズ主演の映画「トップガン」に登場したことが有名ですね。

映画を見たことない方でも一度はこの曲を聴いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

1024px-US_Navy_051105-F-5480T-015_An_F-14D_Tomcat,_conducts_a_mission_over_the_Persian_Gulf-region_R

F-14はアメリカ海軍のF-4Ⅱの後継機としてグラマン社の開発した可変翼と長射程のAIM-54 フェニックスの運用能力を特徴とした戦闘機です。

800px-AIM-54A_(right)_on_F-14_at_NAS_Pax_1984 (1)

(AIM-54 フェニックス・・・ミサイル。F-14のみが使用できる)

 

1970年に初飛行をし、1973年に配備。

総計で712機が生産されアメリカ海軍の他には唯一イラン空軍で採用されました。

800px-thumbnail (1)_R⇐F/A-18E/F スーパーホーネット

アメリカ海軍のF-14はF/A-18E/F スーパーホーネットへの機種転換が次第に進み、2006年に全機が完全退役しました。

 

 

今から40年ほど前には入間基地にF-14AがきてF-XをめぐってF-15と模擬空戦を行ったそうです。

(F-X・・・航空自衛隊の次期主力戦闘機導入計画、あるいは導入される次期戦闘機の仮称。有り金を溶かすあれではない)

800px-McDonnell_Douglas_F-15C_Eagle,_USA_-_Air_Force_AN0812786_R⇐F-15 イーグル

結果的に次期戦闘機に選ばれたのF-15になってしまったわけですが・・・

 

 

800px-F-14A_Tomcat_over_Iraq_during_Southern_Watch_R

F-14といえば可変翼が特徴的ですね。

写真のものは翼を68°後退させている状態です。

可変翼の動きはすべてコンピューターで自動制御されていて速度に応じて可変するそうです。

可変機は値段や運用コストが高いということであまり作られなかったそうですがやっぱかっこいいですね~。

 

 

IMG_1969_R IMG_2505_R

キットですがいまはまだ一部に3Dプリンターによる部品を代用しているそうですがこのクオリティ。

可変翼は両翼が連動して可動するそうです。

d0049594_22292269_R ダウンロード_R

デカールはVF-84とVF-2の二種類が付属します。

 

IMG_1966_R IMG_1966_R

・TAMIYA ウェポンセットA アメリカ空対空 ミサイルセット(仮名) 参考出展

こちらのウェポンセットが同時発売の予定です。

サイドワインダー、スパロー、フェニックスがあり、好きな武装を選択して取り付けることができます。

さらに見た目がかっこよくなりますね。

 

 

現段階では発売日、価格ともに未定ですが秋のホビーショーで発表される・・・かな?

されたらいいな!

 

 

では今日はこの辺で。

 

明日は木曜日でケイホビー本店並びにプラモショップは定休日となります。

 

さよ~なら~

Comments are closed.