NAZCAカラーで塗装してみた


 

 

 

 

NAZCAとは

模型雑誌などで活躍されているNAOKI氏がプロデュースしている模型用品のブランド。

いままでにサーフェイサーや溶剤などの商品が発売されました。

 

 

CIMG3788_R

そんなNAZCAの新製品であるNAZCAカラーが最近入荷しました。

・ガイアノーツ NAZCAカラー スチールホワイト

・ガイアノーツ NAZCAカラー フロストマットブラック

・ガイアノーツ NAZCAカラー フレイムレッド

・ガイアノーツ NAZCAカラー ミリオンブルー 

販売価格 各¥350-

 

 

新しいのが出たなら使ってみるしかない!

 

 

CIMG3789_R

ということで白と赤と青が使用されているこの「RX-78-2 ガンダム」を使って塗装したいと思います。

(黒は使いませんでした。ゴメンナサイ)

混色をしなくても絶妙な色味の表現が可能と書かれているのでそのまま使用します。

 

CIMG3791_R

このキットの白は若干青みがかった白ですね~

 

CIMG3793_R

個人的にかなり驚いたのですが目がクリアパーツでした

REVIVE版、さすがです・・・

 

CIMG3795_R

今回塗るのはこの4色。

 

 

CIMG3806_R

黄色は黄橙色をメインに少しホワイトと赤を入れたものを使いました。

 

CIMG3811_R CIMG3812_R

塗ったものがこちら。

カメラの設定のせいなのかわかりませんが写真で見るとすごくアニメっぽいカラーになりました。

(実物はもう少し薄い(?)色でした)

 

DSC_0050_R

最終的につや消しを吹いたものがこちら。

やはりデジカメで撮ると色が若干変わってしまうのでスマホで撮影。

 

DSC_0060_R

青は少しラベンダーっぽく、

白も若干グレーが混じったような白でしたが若干青みがかってますね。

全体的に「少し落ち着いた色」という感じでしょうか。

 

 

DSC_0054_R

未塗装+つや消しのものと比較。

比べて見てみるとNAZCAのホワイトはグレー(どちらかというとグレーというより薄い青)が強いことがわかりますね。

 

DSC_0051_R

赤も朱色に近いような感じですね。

 

 

 

この新しいNAZCAカラー、ガンプラ塗装初心者の自分は

「混色しなくてもプロっぽい感じに塗れる」

と思いました。

 

 

やはり混色せずに済むのは作業時間が短縮出来たり費用を抑えられたりとメリットがあるのでいいですね。

ただこのスチールホワイトは青みが強いのでどちらかというとジムに使うとベストかも・・・

 

スタッフ「ジム持ってるんであげますよ」

キャップ「ゑ?」

 

 

 

CIMG3829

 

 

困惑しつつもとりあえず作ってみようかと・・・

 

 

余談ですが

DSC_9839_R

以前作ったバルバトスの白はそのままだとおもちゃっぽさが残ってしまうので白にグレーを混ぜたものを使いました。

もう少し白い方がいいという方はぜひやってみてください。

また、白やグレーといっても種類はたくさんあるのでいろいろな混色をして自分だけの白を作ってみてください。

 

 

 

以下ガンダムのキットの感想です。

 

CIMG3818_R

今回使用したREVIVE版ガンダムなのですがやはり前のと比べると進化しているなと思いました。

僕が旧HGガンダムを作ったのがもう14年くらい前なのでうろ覚えですがこんなには動かなかったですね。

 

DSC_0057_R

脚とかこんなに動きますし。

 

 

ち・な・み・に

CIMG3807_R

腰のこのパーツはつながってるのですが自分はいつも

 

 

CIMG3808_R

切ります。

 

DSC_0059_R

切断しても外れることはないです。

(写真のは切ったので片方のみ動いてます)

 

DSC_0058_R

地味にこの開いた状態の手はうれしいですよね。

 

 

CIMG3821_R

振り向き撃ちも出来ました。

 

 

DSC_0060_R

組立も難しくないので初めてのガンプラにもいいと思います。

 

 

 

ではでは今日はこの辺で。

 

 

DSC_0007_R

 

そういえば先日神田明神に行ったのですが桜が綺麗でした。

ここ2週間程桜が咲いてるような場所に行かなかったのですが今年は見れて良かったです。

(というかもう桜の時期なのですね)

 

 

 

それでは

さよ~なら~

 

 

 

Comments are closed.