短期集中企画! ミニ四駆最速への道! <基本性能アップ編>


こんにちは、ミニ四駆コーナーのKポーです!

 

さて、昨日から始まった短期集中企画『ミニ四駆最速への道』
昨日はポリカボディのキレイな作り方をご紹介しましたが、いよいよミニ四駆の動きに関わる段階へ!
という訳で、本日は…

 

『基本性能アップ編』

 

と称して、ミニ四駆の基礎的な速度アップの方法をご紹介したいと思います!

 

で、ここでちょっと問題
単純にミニ四駆の速度を上げるにはどうすればいいか?

答は簡単『速いモーター + 力の強いバッテリー を使えばいいだけ』
要するに、ダッシュ系のモーターに充電電池を使えばそれなりの速度は簡単に出てしまうのです!
ただ、これだけでは、ある程度までは速くなっても、それ以上の速度域に達することは出来ません…
現に、自分のマシンはその段階で止まっています…
なので、その速度域を越えられるように一つ、上の段階にシフトできる方法を1つづつご説明していきたいと思います!

 

 

img_3312

 

今回ベースに使用するのは『MAシャーシ』
どのシャーシを使用しようか悩んだのですが、これからミニ四駆を始める方が一番使うだろうシャーシではないか?という考えに至った為、MAシャーシで行くことにしました!
で、このMAシャーシを…

 

IMG_0316 IMG_0319
IMG_0320 IMG_0321
IMG_0323 IMG_0326

ザックリ肉抜きしていきましょう!
やはり、軽い方が速度が出るのは当たり前!
という訳で、肉抜きしても動作や強度的に問題の無さそうな、電池BOX下部を肉抜き!
やり方はいつも通り、ドリルやピンバイスを使って、切り抜きたい箇所に合わせてぐるっと穴を空けていきます!
その後、その穴に合わせてニッパーで切断!
全部切り終わったら、後はギザギザの切断面をカッターやヤスリを使って整えてあげれば完成です!
電池の下部が空いたことで、軽くなっただけでなく、空冷効果も期待できるかも?

で、ここでちょっと注意点!
調子に乗って肉抜き穴を広げ過ぎてしまうと、電池が脱落してしまう恐れがあります!
なので、必ず電池が引っかかるだけの余裕は残して肉抜きしてみて下さいね!
あと、刃物を使った加工になりますので、十分に気を付けて作業をして下さい!

 

シャーシの肉抜きが終わったところで、次はパーツの下処理です!

IMG_0379

まずは足回りから、という事でシャフトの軸受け部分に『ベアリング』を使おうと思うのですが、軸受用のベアリングって3種類出ているんですよね?
さてどれが一番回転効率が良いのか?
賛否両論色々あると思うのですが…

 

IMG_0311

個人的に今まで使ってきて一番回転効率が良いと感じたのは、AOパーツの『620ボールベアリング』ですね!
上記3種と違って『2個 ¥500』、マシン1台分だと2セット使用しないといけないので¥1,000も掛かってしまう訳なのですが…
でも、それだけの価値は十分にあると思いますよ!

 

IMG_0335 bearing01

ただ、もともと軸受け用としては設定されていない為、そのまま嵌めるとシャーシから出っ張ってしまう上、若干キツイんですよね…
そう、キツイという事はベアリングに負荷が掛かっており、中のボールがスムーズに回ってくれないという事!
少しでも速度を出そう!としている時に、これは非常にマズイ!

 

IMG_0331 IMG_0332
bearing02

そこで登場するのが、この『ベアリングトリマー』という工具!
この工具、ベアリング取付部分に差し込んで回すだけで、620ベアリングを取り付けるのに最適な穴サイズに削ってくれるというスグレモノ!
カッターやヤスリなどで広げようとすると、やり過ぎたり歪になってしまうので、簡単キレイに拡張できるこの工具は非常にありがたいですね?

拡張出来たらすぐにベアリングを取り付けたくなってしまうのですが、その前にもう一手間!

 

IMG_3758 IMG_3762
IMG_3773 IMG_3775
IMG_0310 IMG_0313
dasshi

ベアリングの脱脂&注油を行っておきましょう!
詳しいやり方は、以前特集した時の記事を参照してみてくださいね!
ちなみに、今回の注油は、タミヤの『VGベアリングオイル』を使用してみました!
サラッとしたオイルで、ベアリングに注入するとシャー!と回ってくれるので、個人的にお気に入りの1本ですよ?

 

ベアリンの脱脂&注油が完成したら、次はホイール!

 

IMG_6970 IMG_0314

AOパーツの620ベアリングを使用したことで、ホイールを差し込む部分の長さが短くなってしまっており、ホイールが抜けやすくなってしまっているんですよね…
それを防止するために、シャフトはちょっと長い『72mm』を使用し、ホイールは『貫通ホイール』にすることでガッチリ固定できるようにしてみましょう!
使用した工具は『1.8mmロングドリル』
シャフト径が2mmなので、同じ2mm径のドリルで穴を空けてしまうとユルユルになってしまいます…
なので、ガッチリ固定するために、ちょっとキツイ1.8mm径なるように『1.8mmドリル』を使用するのがポイントですね!

 

IMG_4948 IMG_0315

ついでに『ホイールトリマー』を使って、ホイール取付部分を山形に加工すると、ベアリングに接触する部分が減って抵抗が少なくなるのでオススメですよ?

 

 

IMG_0327

で、シャフトなのですが、今回は軽さよりも曲がり辛さを優先したかったので、曲がりづらいブラック強化シャフトを選択!
そして、ここでもちょっと一手間!

 

IMG_0328 IMG_0330

当店オリジナルの『シャフトチェックプレート』を使用して、シャフトの歪みをチェックしてみました!
やっぱり、歪みが無い方が回転がスムーズですからね?
とりあえず、2パック開けてチェックしてみたのですが、8本中、抵抗を感じたものが6本、感じなかった物が2本と、ちょっとビックリな結果に(汗
新品即開封品なのに、これだけ違いがあるものなんですね?

 

さぁ、ここまで来たら、残すは心臓部となるモーターです!

 

IMG_0336 IMG_0338

今回は、ハイパーダッシュモーターPROを、当店でも絶賛販売中の『OPTION No.1 パワーステーション モーター慣らし器』を使って慣らしてみたいと思います!

昔から、モーターは慣らすと速くなる!というのはよく言われていますが、それってそもそもどういうことなのか?
結構知らずにやっている方もいるのでは?
実はコレ、長時間モーターを回転させることで、内部の『ブラシ』と呼ばれる部分を摩耗で削って、通電させる箇所を増やして電気を流しやすくしているんですよね?
なので、やれば確かに効果は出る!
でも削っているという事はやり過ぎれば壊れてしまう恐れもあるという事です!
その事を分かった上で行って頂けたら、幸いです。

詳しいやり方については、以前別の担当がデータを取っていましたのでそちらを参照して頂くとして、とりあえず今回は、『3Vで 正回転25分 ⇒ 10分休憩 ⇒ 逆回転で25分』というのを行ってみました!
この時、モーターの端子を直でワニ口クリップで摘まんでしまうと破損の恐れがあるので、ARシャーシやスーパーXシャーシ付属の取り外し可能なモーターケースにターミナルを付けた状態でセットし、ターミナルを嚙ませる感じでやると破損も少なくて安心ですよ!
いや、それにしても、さすが慣らし器!
電池と違って、常に一定電圧で回転させられるので楽でいいですね?
今回は、上記の方法で慣らしを行いましたが、慣らす時間ややり方は人それぞれ違うと思うので、色々試してベストなやり方を探してみてくださいね!

 

で、できたモーターを、以前タイム計測を行ったマシンに入れて、再度計測してみたところ…

 

DSC_0312 DSC_0314

まったく同じセッティング、まったく同じモーターなのに、モーター慣らしをしただけで約1秒近くも速度が上がっていました!
スゴイです、やっぱりモーター慣らしは効果がありますね!

 

さぁ、パーツの下準備が終わったところで、組み込みです!
シャフトが歪まないよう気を付けたり、グリスを塗ったりするのは当然として、タイヤを外れなくするために…

 

IMG_0339

タイヤの内側に、AOパーツ『ミニ四駆両面テープセット』を貼っておきましょう!
で、ただ貼るのではなく…

 

IMG_0341 IMG_0340
IMG_0342

貼る部分をパーツクリーナーなどを使って、しっかり脱脂!
それから両面テープを貼る事で、より強固に貼りつける事が出来ますよ!

 

IMG_0344

手間暇かけて、ようやくシャーシが完成しました!
一見普通に見えますが、その細部まで手を加えた事で、基本性能が向上しており、より速度が出せるようになっていますよ!

次回は、この基本性能が向上したシャーシをベースに『カスタム』を加えていきたいと思います!
次回『カスタム編』にご期待ください!

 

以上、本日のミニ四駆コーナーよりのお知らせでした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。