ハイキャパEをカスタマーイズ!!


こんばんは、ハイキャパニスト「スケキヨ」です。
もう10年以上前ですが、東京マルイさんからガスブローバックハンドガン「ハイキャパ5.1」が発売されました。
以降、サバゲ用その1、サバゲ用その2、シュティングマッチ用その1、シュティングマッチ用その2と多い時で4丁同時進行で愛用していました。
当然、使いまくって消耗したり、思いつきでカスタムして「ああ、直すより買い換えた方が・・・」になったりと、一体何丁買ったか・・・
以前、自分のジャンクBOX(通称「いつか使うかも?BOX」)の整理をしていたら、どう考えても10丁はバラしていないと計算が合わない内容のパーツの山が・・・

さてさて、そんなハイキャパニストがお送りします本日のお題は・・・・

東京マルイ社製 電動ハンドガン「ハイキャパE」をカスタムしよう!!です!!!

東京マルイ社製 電動ハンドガン「ハイキャパE」¥15.357

サバゲーマーさんを中心に高い人気を誇る「電動ハンドガン」シリーズ!
特に、ガスガンは不調になりやすい冬場には重宝しますね!
中でも「ハイキャパE」は設計が新しく、以前のモデルよりトリガーのタッチやレスポンスが向上しており、非常に使いやすいモデルになっています。

ですが、やはりネックになってくるのは・・・

その初速(パワー)ですね。
0.2g弾で66m/s
今回はもう少しパワーを出して、より高性能な1丁に仕立ててあげましょう!!

よく勘違いされやすいのですが、パワーで出ていれば「高性能」ではありません。
ですが、性能を考える上では「パワーも性能に係わる大きな要因の1つ」に違いはありません。
では、ノーマルでも十分に「高性能ですよ!」と言える電動ハンドガンをなぜパワーUPするのか?ですが・・

1・発射から、着弾までのタイムラグが大きく、サバゲ等ではBB弾が届くまでに相手が移動してしまい当たらない。
2・パワーがあれば中、遠距離でBB弾が空気抵抗に負けて弾道が曲がる事が少なくなる。
3・基本的な飛距離が伸びる。

というワケで・・・

今回ご用意しましたのは↑の4点!

アングス社製「EXパワースプリング」¥1.263
LAYLAX社製「ハンドガンバレル・ハイキャパE用」¥3.110
LAYLAX社製「電動フィクスド フルシリンダー」¥1.555
フリーダムアート社製「サイレンサーアダプター」¥3.402
サイレンサーアダプターは、まあ「せっかくだし・・・」という思い付きで採用!

ではカスタム開始!!

まずは、カスタムの基本!
「マガジン・バッテリーを外す!」今回は新品を使いますので、確認するまでもないのですが、意外とウッカリしてしまう事があります。
ハンドガンに限らず、思わぬ暴発や、電動ならバッテリーのショート等の事故も有りえますのでご用心!!

では分解を始めましょう・・・・
と、一通りご紹介していると、エライ事(※)になってしまいますので、詳しくはコチラ!!

(※当初全部やるつもりでしたが、終わってみると50枚以上の画像になってしまい、断念!)

ホビージャパン社 アームズマガジン別冊「トイガン解体新書・決定版」¥2.000
コチラに「ハイキャパE」の分解手順も掲載されておりますので、是非ご参照下さい!

というワケで、いくつかのポイントをご紹介。

左右のグリップパネルを外すのですが、強力な両面テープで付いていますので、カッター等の薄いもので、隙間を作ってから剥がしていきます。
無理に力を入れると、フレームやグリップパネルが歪んだり破損したりしてしまいますので、少しずつゆっくり剥がします。

指が入る位まで開くと、内部に半透明の白い両面テープが見えますので、そのテープにパーツクリーナーをチョット吹き付けてあげると、接着成分が溶けて一時的に接着力が弱まり剥がれやすくなります。
(上手く画像が撮れませんでした・・・)

反対側も同様に剥がします。

セーフティーレバーの分解ですが、↑の反対側の六角ネジを外すとこちら側も外せますが・・・

赤丸内に「プランジャー」と「プランジャースプリング」という小さなパーツがありますので、それらを飛ばさない様に注意!!

↑コレ。

メカBOXの分解には「トルクス」という特殊ビスを抜かなくてはなりません。
赤矢印のネジですね。
ココは「T6」という小さいサイズ。
他に更に小さい「T4」というネジがあります。

↑このネジは「T4」ですね。
ココでポイント!・・・このネジに限りませんが、ネジを回す時の基本は「押す(赤矢印)8割」「回す(水色矢印)2割」で力をかけるコト!!
特に固く締まっている時や、今回の様に小さいネジの時は意識しておかないと、ネジの頭が潰れてしまう「ナメる」という状態になってしまい、最悪の場合はホントにネジが外れなくなってしまいます!!

お次はインナーバレル交換。

うあ・・・ピンボケ・・・
インナーバレルを抜く際は、赤矢印のトコロに注目!
このギザギザのリングはHOPーUPの調整ダイヤルなんですが、このダイヤルをHOP最弱のトコロに持って行っておきましょう。
そうしないと、インナーバレルを固定しているパーツが外せませんよ~

うう・・・またピンボケ・・・
インナーバレルを固定しているパーツを抜いたら、上のアームに注意!!
中に小さなスプリングが入ってマス。
経験上、「ピンッ!!」と飛んで行く可能性は低いですが、作業中に紛失すると面倒なので、あらかじめ外しておきましょう!

LAYLAX社製のインナーバレルにパッキンを取り付けます。
ココは、意外と意見が割れる事があるのですが、あっしはバレルにシリコンスプレーで、ほんの一瞬ヒト吹き、バレル内部には入らない様に。
パッキンの外側にもシリコンスプレーかグリスをチョット多めに。
コレは、こうした方が「スムーズに装着できる」のと「組み付け時、射撃時に歪んだパッキンがスムーズに元の位置に復帰する」ことを狙っての作業です。

さて、インナーバレルが外れているうちに銃口部もフリーダムアート社製「サイレンサーアダプター」に交換!

あとは元通りの組み直して完成!!

はい!初速も82m/sまでUP!!
これならストレスなく戦えますね!!

ちなみにですが・・・
ノーマルより強いスプリングを使用しておりますので、このカスタム後はリポバッテリーでの駆動を推奨します。
ノーマルバッテリーでも動かない訳ではないのですが、トリガーを引いてから発射までのレスポンスがかなり悪化しますので、結構「本末転倒」な結果になってしまいますので、ご注意を!!

長くなってしまいましたが、本日はこの辺で!!

今回製作した「ハイキャパE」はカスタムコンプリートとして店頭に並べておきますね!
お値段は・・・・

今回は工賃サービス!!端数切捨て!!¥24.000にて!!

一丁のみですよーお早目に!!

一通り内部、外装パーツは既に用意してあるのに、肝心の「ハイキャパE」はまだ持っていなかった!!ウッカリ者の「スケキヨ」でした!!

でわまた!!

   

コメントを残す